ビジネスモデル事業内容

「勝てる営業戦略」の立案を圧倒的スピードで実現する 一元経営体制

ユニデンのビジネスモデルで最も特徴的なのが、図に示した「UNIDEN ペンタゴン経営体制」です。
ユニデンは、現在では多くのメーカーが採り入れている、日本で営業・商品企画・開発を行い、製造コストの低い国で生産を実施、マーケットの大きな海外の国に販売するという「トライアングル・トレーディング」を日本で初めて採り入れました。そのため、各拠点が世界各地に点在しており、またビジネスも世界各国を舞台としています。マーケットの規模、ニーズも違う世界の市場を相手に、効率よくビジネスを進めるために考えられたのが、この経営体制です。

GMCは日本に設置。24時間365日、常に世界の拠点から最新の状況・情報が飛び込んできます。それらを俯瞰的・総合的に分析し、「いま投入すべき商品、攻めるべきマーケットは」と戦略を立案し、世界へ向け迅速に指示を出していきます。ユニデンではこの戦略の見直しを日次で行っています。変化の激しい世界のマーケットで勝つためには、四半期・半期といった中長期のスパンでPDCAを回していては遅すぎるのです。世界視野の戦略立案、そして迅速に世界へ指示が出せるペンタゴン経営体制による一元管理だからこそ、スピーディに次の一手を打てるのです。この体制に基づく、スピードと実効力。それこそがユニデンの強い、勝てるビジネスモデルなのです。