転職者メッセージ人と仕事

ユニデンホールディングス 管理本部
古川 眞衣
2017年入社

世界で躍進するユニデン
その成長を
ITインフラで支える

よりよい労働環境を作りたい
それが入社の動機に

「働きやすい環境を作れる仕事に就きたい」というのが、転職の理由です。前職はシステムエンジニア。「何かを作る」ことが好きで就いた仕事でした。働くうちに、自分が好きな「作る」は、「働きやすい環境を作る」ことだとわかったのです。その時、ユニデンの管理本部での求人に出会いました。面接で「壁がなく、働きやすそうだ」と感じ、入社を決めました。入社当初は、新入社員のPC環境の設定等、働き始めるためのサポートを主に担当していましたが、現在では社長直轄のプロジェクトに参加したりと、できること・求められることがすごいスピードで変わっていっています。

数字から感じ取る
圧倒的なユニデンの成長

社内のシステムを、より使いやすく、業務に役立つようにブラッシュアップしていく。これがいま注力しているプロジェクトの内容です。社内システムでは、世界の営業所の売上げ・コスト等あらゆる数字が参照できます。その数字をもとに、刻々と秒を争うくらいのスピードで新たな戦略が練られ、世界に通達されていきます。私はより目的に沿った、わかりやすい表示やスタイルで数字が簡単に抽出できるようシステムを改良しています。また、誰が使っても入出力がしやすいよう、様々な変更を行っています。毎日数字の変化を見ているだけで、ユニデンが成長しているのだなと実感できます。入社当初はついていくのに一生懸命でしたが、いまはユニデンがどこまで成長できるか、自分がそのために何ができるか、とても楽しみになってきています。

自分の業務が自社の成長を担う
その実感が日々の原動力に

ユニデンには「ユー親会」という制度があります。社員同士の親睦のための食事会に補助が出る福利厚生制度です。これを利用して同期とおつかれ会をしたり、大きな節目では上司が慰労会を開いてくれたりしています。「人を大切にする会社だな」と感じますし、「この風土を大切に、もっと働きやすい環境にしていきたいな」と思っています。

慰労会で上司から「作成しているマニュアルが素晴らしい」と評価をもらえました。とにかく社内のスピードが早いユニデンなので、私がいない場合でも誰でもスムーズに仕事ができるよう、システムの使い方等についてマニュアルにまとめているのです。「おかげで誰もが安心して古川さんと同じスピードで作業ができる」と言ってもらえました。私の仕事が働きやすさに繋がり、ユニデンの成長の一端を担っている。そう考えると責任はありますが、やりがいも同時に感じます。なによりやりたかった仕事に就けている、と実感しています。

INDEXへもどる