転職者メッセージ人と仕事

ユニデン不動産 課長
亀ヶ沢 昭人
2014年入社

成長著しい不動産事業
そのスピードを
加速させる挑戦者に

異業界へのチャレンジ
支えるのは緻密な計画性

私が入社したのは、ちょうど不動産事業の立ち上げから2年後でした。「電子機器を作っている会社が不動産事業?」と最初は不思議に思いましたが、話を聞いてみると大きな将来性を感じられ、入社を決意しました。ユニデンは東証一部上場企業。その信用度は、不動産取引、特に人気物件の購入で他社と競合した際に大きな効力を発揮します。さらにユニデンホールディングスの絶大な資本力を活かし、資産性の高い好立地の収益物件を購入し運用、又、高い利益を得られる際にはスピーディに売却するというその事業にも確かさと魅力を感じました。実際、発足から現在まで収益は黒字。成長を続けています。社員一同、ユニデングループの新たな事業の柱となれるよう、邁進しています。

緻密さと大胆さを共存させ
圧倒的なスピードで事業を動かす

ユニデンの不動産事業の特徴は、スピードと大胆さ。そしてそれを支える、緻密さです。一見すると矛盾するような要素ですが、仕組みとして実によくでき、動いています。例えば物件購入の場合。候補となる物件を見つけてきた社員がプロジェクトリーダーとなります。物件情報や購入すべきと判断した根拠を説明する資料を作成。それを元に全員で物件見学を行います。その後は、とことん議論。バックグラウンドの様々な社員同士で、多様な視点で意見を出し合い、議論を戦わせます。全員賛成で一致しなければ、購入は行いません。こう話すと時間をかけているようですが、この期間はわずか数日からせいぜい数週間。とにかくフットワークが軽く、密度が濃いのです。人気の物件は多くの会社が狙っているもの。これだけ緻密でありながら、かつスピードよく動けるからこそ、ユニデンは他社と比べても大きく伸びているのです。

多様なバックグラウンドを持つ
チャレンジ精神旺盛な
人材が集う場所

前職ではマンション仲介を手がけていました。その経験は、収益物件の調査・購入・売却に大きく役立っています。でもそれ以前はレーシングカーのメカニックとして世界を飛び回っていました。「景気に左右されず、生産性のある安定した仕事に」と思い、衣食住の住である不動産ビジネスに転身したのです。異色のキャリアではありますが、ユニデンの不動産事業部には私に負けないくらい多様なバックグラウンドを持った社員がそろっています。全員に共通する事は、フットワークが軽く、大胆さを兼ね備えていること。そして挑戦を恐れないこと。

不動産事業はより一層の成長を目指し、これからも果敢にチャレンジします。面白い毎日が待っていますよ。興味を持った方の挑戦をお待ちしています!

INDEXへもどる